コメント

  1. つつ より:

    私も連れ去られました。
    色々お話を伺うことは出来ますか?

    よろしくお願いいたします。

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      私で良ければ、お話をきかせていただきますよ。

      • つっちー より:

        ごめんなさい。返信頂いてたのに気付かなかった。父ちゃんさんと直接連絡取ることは可能でしょうか?

        • 父ちゃん 父ちゃん より:

          ここのトピックでのやり取りではダメでしょうか?
          同じような境遇の方との情報共有ができればと思って、立ち上げたサイトですので。
          あまり人に言えないような内容でしょうか?

          • つっちー より:

            言えない内容って訳でもないですがニュアンス等含めて相談に乗って頂きたくて。

          • 父ちゃん 父ちゃん より:

            そうなんですね。
            私も素人なのでどこまでお答えできるか分かりませんが、トピックを立てていただけると幸いです。
            他の方からのアドバイスも頂けるかもしれませんし。

  2. 通りすがりの連れ去られた父 より:

    初めまして。
    同じく連れ去りに遭いました。
    ここのサイトを見られる可能性があるので、詳しくは書けませんが
    様々な情報が物凄く役に立っています。

    なぜ自己判断で勝手に子供との面会を拒否するのか。
    母親が子供を父親に会わせたくない気持ちはわかりますが、
    子供のことが大事なら父親には会わせるべきだと考えます。

    ホントに連れ去った親が圧倒的に有利ですね…

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      はじめまして。
      お役に立てたようで良かったです。

      ほんとそう思います。
      どうして子供のことより自分の願望(意思)が優先なんだと。
      連れされる段階でそういう資質なんだと思います。

      連れ去り得を解消するためにも、早く共同親権になってほしいものです。

      ともあれ、子供のためにも頑張ってください!

      • 通りすがりの連れ去られた父 より:

        ありがとうございます。頗る同意です。

        自分の願望や意見を優先する姿勢、本当に質が悪いです。
        相手だけでなく、連れ去り先の相手の実家がそもそもそのような考えです。
        そのため、父親を尊重しないような育成になることも見えてきています。

        共同親権が無い日本…
        連れ去りの原因を作ったのは夫婦にあれど、
        子供に対しての権利は平等であるべきです。

        自分勝手に連れ去りをした親が、
        監護継続の原則を元に親権を取得し易くなり、
        親権を元に面会制限を相手に与えられることが出来てしまいます。

        このような面会の偏りは明らかに子供の成長にマイナスです。

        こちらはこれから離婚、親権と順に協議をしていく予定です。

        億が一もし自分が親権を取れたら、
        相手の態度次第とはいえ、子供との面会はほぼ無制限かつ、
        費用援助や準備支援も辞さないつもりです。

        子供にとって、親は身近でいつでも会えるべき存在で、
        いずれの親からもいつでも守られるべき立場です。

        親の不仲は子供に関係も責任もありませんし、
        子供はやっぱり母親が好きなのは否めないと思っています。

        いつでも普通に子供に会え、
        親権なんて飾りで円満離婚(?)した友人も多数います。

        お互いがこんな考え方だったら、共同親権でなくてもいいのですが、
        島国日本は心の狭いハズレも多い。。。

        まだ家の中の時間は止まったままですが、
        ハズレを引いたと思ってどしっと構えて時間を進めて行けるよう頑張ります。

        とうちゃんも頑張って下さい!!

        • 父ちゃん 父ちゃん より:

          ほんとそのとおりですね。
          お互い頑張りましょう!
          そして子供の心を自由にしてあげましょう!

    • 匿名 より:

      はじめまして。
      今年6月に子を連れ去られて生き地獄を味わっています。父ちゃんさんのYouTube等拝見させて頂いています。
      現在、3回目の調停を終えた所です。
      面会交流についても不調に終わり来年審判に以降する段階です。
      早く子供に会いたいのと相手に対して強い怒りを禁じえません。自分で言うのもですが妻と同等以上に監護してきてこの仕打ちです。面会交流実現に向けて今も戦っています。

      • 父ちゃん 父ちゃん より:

        はじめまして。
        生き地獄、痛いほど分かります。
        辛いという言葉では表しきれないですよね。

        調停から審判への以降、私と同じですね。
        子供との面会に向けて、全力でいきましょう!
        私もやれることはやりきるぐらいして、後悔のないように全力でいきました。

        相手方への怒りの気持ちも分かります。
        でもそこはグッと堪えて、冷静に行きましょう。

  3. kinks より:

    やはり緊急性がないので子の引渡しはされませんでした調査官の報告書はまだ見れませんが 暴力暴言が妻にあっても良いと言う裁判官の判断としか思えませんがまだ離婚調停も残っているので頑張るしかないと思ってます 子供に会う事がこんなに大変なのは何故でしょうね 正常な法律になって欲しいです

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      ご報告ありがとうございます。
      辛いですよね。ほんと今の日本の司法は母性が優位になっています。
      女性というだけで、母性を持ち合わせていなくてもいいようです。おかしな話です。
      ほんと頑張って下さい。
      私は監護権は早々に諦めて、面会交流に注力しました。

  4. kinks より:

    子の監護申し立てをしています 家裁調査官に呼ばれて面談をしました
    今までの経緯や子供を引き取ってからどうするかなど少し深く話しが出来たと思ってます 相手方の嘘が多く腹がたちます 一貫して嘘偽りなく話して来ましたが調査官の目が節穴でない事を祈り調査を待っています

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      ご苦労さまです。
      私の元奥さんも嘘だらけでした。以前からそれらに悩まされてましたが、この離婚調停から審判・裁判を通して分かったのは、本人は自覚はないんだということです。
      本人は本気でそう思ってるんだと。脳内変換というか、頭の中で記憶を変換してしまってるようです。
      私は同居中から、相手方のそういった節に悩まされていたので、離婚に関しても同じだろうと思い、録音したことがありました。相手方は見事に音声に残った事実と真逆のことを裁判所に提出してきました。それも自覚も悪気もないんだと思います。病的です。
      一応、録音を調停員さんに聞いてもらって、相手方の書いてることが事実でないと分かってもらいました。
      証拠物としては提出しませんでしたが、あまりに相手方が事実と違うことを言い続けるようなら、証拠物として提出する予定でした。

      私のときも監護調査で調査官が入りましたが、経験として、節穴かどうかは分かりませんが、調査官も裁判官も事務的というか、当たり障りのないお互いの言い分の間を取るように持っていくように感じました。

タイトルとURLをコピーしました