離婚にまつわる掲示板作成の思い

離婚掲示板作成 離婚

私は、子供を連れ去られ、そのあと約1年半に渡り調停から審判。裁判とやりました。

 

今は離婚も成立して、子供との面会交流もできていますが、正直、調停や審判・裁判ですごく理不尽にも感じました。
特に子供については、『母親が強い』そして『連れ去り勝ちか!?』という事を強く感じました。

 

そういった日本の法令や制度、習慣の背景には、親権が『共同親権』ではなく、未だに『単独親権』ということもあると思います。
そんな日本の現状に一石を投じたいという思いもあり、私の離婚時の紛争を赤裸々に綴ったブログを作ったり、You Tubeにアップしたりもしました。

 

そして、そのブログやYou Tubeにもコメントをたくさんいただけるようになり、私も励まされたりで心強かったです。

 

ただコメントの中には『苦しい』『死にたい』など、子供を連れ去られた人のコメントも多くありました。
確かにその気持ちはすっごいよく分かります。

 

私も愛する子供を連れ去られ、とてつもなく『苦しい』『辛い』『怒り』『悲しみ』、『心にぽっかり穴が開く』。。。なんて言葉では全然表わしきれなかったです。

 

『途方のない喪失感。そして絶望』。。。いや、そんな言葉でも全然足りないです。

 

いろんなことが頭の中を回ります。

 

それは孤独との戦いでもありました。
そんな辛い最中の人からのコメントで『死にたい』などもありましたが、そのあと『ここに来てよかった』『私だけじゃないんですね』『救われました』と続けてもくれました。

 

そこで、共感ってわけじゃないですが、この掲示板を作ることにしました。
訪れた人に『ひとりじゃないですよ』というメッセージも兼ねて。

 

そして、愚痴でもなんでも書き込んだり、聞いていただければと思っています。
ブログやYou Tubeのコメントはジャンルなどバラバラになってしまいますが、掲示板だとジャンル(テーマ)も分けて書き込めるので、書きたい人・見たい人が、ジャンルを見つけやすいかと思います。

なにより掲示板だと、書き込みに関する返答が私からだけでなく、色んな人からの考えや意見などの書き込みもしやすいと考えました。

 

加えて、この掲示板が盛り上がって多くの人の目に触れるようになれば、それもお父さんには残酷な今の日本の法令や制度への一石になるかと思っています。

 

また、共同親権を促進する団体『 共同親権 国家賠償請求訴訟を進める会』の存在もブログに頂いたコメントで知りました。
その団体へのリンクもこの掲示板に貼ってますので、それも多くの人の目に触れることによって、大きな力になればと思っています。

 

連れ去られた時の状況や、皆さんの体験談、やって良かったこと悪かったことなど、どんな些細なことでもいいので書き込んでいただければ幸いです。

言いたいことのはけ口にしていただいても構いません。

また頂いた掲示板へのコメントに対しても、私の経験で分かる範囲でお答えしたいとは思っていますが、いろいろな方からのいろんなご意見を書き込んでいただけると幸いです。

コメント

  1. ラブ&ピース より:

    妻が不倫に気がついて、疑ったら、逆ギレ、離婚したいと言い出しました。その後、連れ去り、弁護士による離婚請求。さすがに有責事由が向こうなので、慰謝料を請求されることはなかったのですが、子供には離婚したら合わせるの1点ばり。。こちらもやむなく弁護士をつけて調停で、慰謝料請求不倫相手も特定して、裁判。争えば争うほど、子供の事が置き去りになり、相手の態度も硬化する一方。解決金を払いたいとの意向を飲んで、2回目の離婚調停で和解。財産は綺麗に半分、親権は母、養育費月6万。こちらの条件はただ一つ。月1回の子供との面会。
    その後、1回面会を行った、それも元嫁の父同行(笑)。その後、忙しいからとか訳の分からない理由で、面会できず。。

    ここから、私も戦いました。約1年。面会交流調停5回、その後審判。調停員の懸命な説得虚しく、調停は不成立。こちらはなるべく攻撃をせず、従前の親子関係が極めて良好で会ったこと、調査官調査や試行面会も全く問題なくクリアでき、間接強制が可能な条件がついた審判をいただけました。その後、即時抗告してきたため高裁の決定までいきましたが、高裁の判決も一審継続となり確定。。
    僕の場合は、でっち上げdvなどはなかったのですが、モラハラみたいな事は言われ続けました。向こうの不倫の証拠を持っていたので、そこは、無駄に争っても意味がないと、争いませんでした(小さなプライドよりも、紛争しないように。ただ、調停はともかく、審判になると、審理の際に相手の主張に反論しないと、そのまま事実認定されるケースがありんますので、あまりに我慢できない事ならちゃんと反論したほうがよいです。僕の場合、向こうの言うモラハラ的な事は、相手はそれしか対抗する事がないため、離婚時の事実認定にもない事項だったので気にはしませんんでしたが、離婚時に解決金で水に流した不倫を、面会審判の真理で、否認した事には、驚きでした。とにかく、嘘や矛盾だらけなので、向こうの弁護士もビジネスなので、冷静に刺激せず、反証して、結局、相手が抗告した高裁で不倫も認定され、有責事項として、名文されてしまいました。
    難しいですよね。
    子供のために譲歩しなければいけないから。。
    僕の場合は、試行的面会の直前に、子供が裁判官に向けて手紙を書きました。パパに会いたくない、と。。

    その直後の試行面会では約1年ぶりの再会でしたが、盛り上がって時間延長を調査官が認めてくれました。

    子供、かわいそうですよね。

    家庭が壊れた原因を僕は妻の不貞だけにはしないし、自分の思いやりのなさも審理でも認め、相手はそれでも、自分の心の整理がつかない、と言い張り、最後は子供が嫌がっているの1点張り。。

    父ちゃんさんは、元妻の性的虐待など破天荒な攻撃も流し、月2回、会えているのですから、いいですね。

    不合理な事を黙って受け入れても、母親次第では会えないですから。

    審判が確定し月1回6時間の面会が認められましたが、早速コロナを理由に、直接面会を拒否されました。仕方なく電話で試行面会依頼、5ヶ月ぶりに声を聞きました。嫌がる様子もなく、15分でしたが嬉しかったです。

    離婚した一昨年は、1回2時間のみ。
    去年は試行的面会の35分のみ。
    今年こそは、ちゃんと守ってほしいです。

    もちろん養育費は払い続けてます。

    共同親権になっても、夫婦の葛藤が片方にあり、自分の感情と子供の人格を同一化する人がいる以上、解決の道には直結しないと思います。

    連れ去りを違法にする事、でっち上げdvに罰則を与えること、面会交流の取り決めに関して、理由もなく守らない場合のペナルティーを養育費同等レベルにして欲しい。モラハラに関しては、定義を定めてほしい。ジェンダーバイアスを無くして欲しい。僕の場合、誠実や正義を言葉にして、いつも自分が正しいと思って生きている事を相手に主張されました。

    自信があって生きている人は、迷いなく判断する事も多いから、相手とコミニケーションが取れてないと、そんな事で?ってなるようです。

    連れ去りやでっち上げは、人を破壊します。モラハラは双方の言い分と受け止め方の齟齬をしっかり審議してほしいです。夫婦で何もいえなくなります。離婚を前提にしている相手の場合、どんな善意の言葉もほぼ悪意に受け止められてしまいます。理路整然と反証すことですら、モラハラに捉えられますから。

    今は、抗うつ剤と睡眠薬で回復期です。。

    連れ去り弁護士だけが、悪いとも思いませんが、その手段が、離婚後の元夫婦の人格否定、同時に親子断絶の大きな要因になっている事は、身をもってわかりました。

    将来の子供の自我形成が心配でなりません。

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      その気持ちすごく分かります。
      相手方が嘘や矛盾だらけというのも同じですね。有る事無い事というよりないことないことを平気で行ってきます。
      そして都合が悪くなったら平気で言うことも変わってきてました。

      ちなみに私は性的虐待を流したわけではないですよ。あり得なさすぎて、一蹴しただけです。
      子供に会わせない理由を作りたかったのでしょうが、こじつけも甚だしかったです。
      まぁ、相手方弁護士が性的虐待に力を入れている弁護士だったので、得意分野で勝負かけてきたのかもしれませんが、アホらしすぎます。
      その弁護士もそこをビジネスマーケットにしてるのでしょうが、中にはそれで冤罪になるお父さんもいてるのかと思うと、怒りすら覚えました。
      まともな親子関係すら壊しかねません。
      ちゃんと利害なくそこを分かって活動してる人ならいいのでしょうが、私にそんなことを持ち出すレベルなので、相手方弁護士の場合は、ビジネス要素が大きそうです。

      何よりそんなやり取りに使われてる子供がかわいそうでした。

      確かに共同親権になれば解決ってわけには行かないと思います。
      共同親権は、その一歩だと思います。
      共同親権が当たり前の状態で、そこからがスタートだと思っています。

      連れ去りの意味や効果も薄くなるでしょうし。
      単独親権など今の日本の司法や風習が連れ去りを後押ししてるのだと思います。もちろんそれを利用する弁護士も。

      非人道的な連れ去りなんて、まともではないです。
      そして連れされるような人格の持ち主が子供を育てるのに適してるとは思えません。
      何よりその矛先が子供に向けられた時が心配でなりません。

      子供が親2人の愛情を自由に受けるのは子供の権利だと思います。
      子供の心を自由にしてあげられるのはラブ&ピースさんだけだと思います。

      お互い負けずに頑張りましょう!

      子供の笑顔が一番大事です!

      • ラブ&ピース より:

        父ちゃんさん、長い文章読んでいただきありがとうございます
        そうですね、連れ去り、捏造dv、ハッタリなんか何でもありの状況ですからね。
        性的虐待云々は、もはや腐ってますね。弁護士の職業倫理や誇りもないんでしょうね。新たな手口として、拡がらない事を願います。
        背景には、単独親権や監護権の問題があるのでしょう。現状、面会交流には強制力がないので、親権をとったもの勝ち。
        元妻、子供を所有物みたいに、自分と同一化するのも、何とかならないものですかね。
        諦めずに、仕事もちゃんんとし、問題に向き合っていきます。
        今年はこそは、子供に会いたいです!父親の愛情を伝えていきたいです。
        返信、励みになります。
        ありがとうございます

  2. だいせつ より:

    YouTubeみました。長く、苦しい戦い、お疲れ様でした。

    私は自宅を自分が追い出され、実家に身を寄せて2年が経過した頃、電話で口論になり警察に通報されて、保護命令の申し立てをされました。

    別居期間中、自宅へ帰らず、子供にも合わず、婚姻費用を相当額きちんと送って、この理不尽な別居に耐えていました。

    警察から電話があり対応した警察官は、奥さんが怖がっているので帰ってはいけないの一点張りで私の話しには聞く耳を持ちませんでした。私が何故、自宅へ帰ってはいけないのか理由を教えて頂きたいと言うと警察官は激怒し始め、警察の言う事が聞けんのか!!警察を舐めとんのか!お前くらいどうやっても逮捕出来るんぞ!と脅してきました。バカにするつもりは無いし、帰ってはいけない理由を教えてくださいと言っても、強い口調で脅してくるだけでした。最後には!警告じゃ!と言ってきたのでなんのですか?と聞くとDVじゃ!帰って来い!確保してやる!と言って電話を切られました。実際には帰りませんでした。

    しかし、妻はこの警察の警察じゃ!と言う脅しを材料にして保護命令の申し立てを行いました。
    しかし、警告ならば、後日、警告書が発行されるはずですがそれはありませんでした。

    なんとか、答弁に行き、保護命令は却下されましたが、、

    申し立ての直後、妻の弁護士から連絡があり法外な慰謝料等の条件を提示されました。

    私も弁護士を立てて、協議をしてもらっていますが、

    保護命令が却下されてから相手方からの連絡は途絶え、二か月が過ぎました、、、。

    向こうから離婚を切り出してきたので不本意ですが、面会交流調停と離婚調停を申し立てて一回目の期日が一か月後です。

    結婚して11年になろうとしていますが、妻にも子供にも暴力を振るった事は無く、なんで自分がと思う日々です。

    でっち上げDVの被害者に自分がなってしまうなんて。

    妻への情は一切なくなり、これからの人生の為に調停で戦ってきます。

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      胸中お察しします。ほんと辛いですよね。
      言い方悪いかもですが、警察もアホなんだと思います。たいして調べもせず、なんでも決めつけて。
      だから連れ去り、偽装DVが増えるんだと思います。
      何より日本の単独親権というのがそういった事態を促進してるところが多分にあると思います。
      他の先進国のように早く共同親権になれば、改善の一歩になるとは思うのですが。
      今の日本の状態だと本当のDV被害も偽装DVに埋もれてしまって、良くないですよね。

      なにわともあれ、保護命令は却下されてよかったです。
      調停が始まるようですが、本当に本当に頑張ってください!子供のためにも。
      真実がでっち上げに負けてはいけません!
      応援しています。
      お力になるかどうか分かりませんが、私が戦った調停から審判・裁判までの記録をブログにアップしています。この掲示板のサイドバーにもリンクを張っていますが、一応こちらにもURL貼っておきますね。
      https://soulofthetnet.com/
      実際に裁判所に提出した書面なんかも赤裸々に、ほぼそのまま載せています。
      ちなみに私の場合は離婚には大賛成だったので、子供との面会交流に力を注ぎました。

  3. Take it easy より:

    父ちゃんさんは、過激なところがないので、いいですね。
    時々、こんな過激な発言をする人であれば、そりゃ相手は子どもと逃げたくなるわなぁと思う当事者もいて、当事者だからとひとくくりにできないし、それが協力して1枚岩になれない原因でもあります。
    私の子どもは10歳の時に連れ去られました。今は、会いたい時に会えています。
    相手側は、治る見込みのない難病にかかり、そのイライラを子供にぶつけていて、子どもはうんざりして私に連絡してきます。
    穏やかな性格の当事者は、会えていますね。逆に過激過ぎて引くような発言をする人は会えずにさらに過激になり会えなくなりの悪循環にはまっています。
    当事者の集まりにも参加した事がありますが、加害者ではないのかと疑わざる得ない過激な人もいて関わりたくないので、参加しなくなりました。

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      コメント、ありがとうございます。
      そう言っていただけると、嬉しいです(^^)。

      この掲示板の書き込みも過激な発言の方が多いように感じていたので、それが一般的なのかなと考えているところでした(^_^;)。

      共同親権に関して『過激』と『穏やか』、私にはどちらがいいのか分かりませんが、個人的には『穏やか』でいきたいと思っています。
      子供のことが一番なので、それを考えれば、過激にはできないです。もともとの性分もありますが。
      それに連れ去り自体が過激とも言えますので、その過激な相手に過激で対応しても負のスパイラルになりそうなので。
      何より子供に危害が加えられるようなことだけは避けたいです。

      当事者の集まりなんてあるんですね。
      ちょっと覗いてみたい気もします。いろんな意見が聞けそうなので。

      >今は、会いたい時に会えています。

      会いたい時に会えるのはいいですね。
      私も早くそうなりたいものです(^^)。

  4. トントン より:

    双方弁護士のもと離婚協議を1年行ってきました。この間月に一度面会はできています。私は最低2回以上子供と会うことを要求してますが頑なに応じてくれません。先方は終わらせるため調停をすると言ってきました。子供はまだ低学年で辛い思いをさせてしまってます。闘い続けようと思ってますが結果が伴うとも限りませんし長引くことに最終的な子供への影響も気になります。ご意見お聞かせください。

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      トントンさん、コメントありがとうございます。

      このサイトは、せっかく掲示板なので、掲示板にトピックを立ててもらった方が、他の方からのアドバイスももらいやすいので有効かと思います。もちろん私も1年半の調停と裁判の経験や、その間に弁護士相談をフル活用して得たことをアドバイスさせていただきます。
      面会交流に関する掲示板はこっちですので、『トピックを追加』ボタンを押して新しいトピックとして、同じ内容でかまいませんので書き込んでみてください。
      よろしくお願いします。
      https://iikiki.com/community/menkaikouryuu/

      トピック作成-面会交流の掲示板

      お手間けさせてすいませんm(_ _)m。

  5. 共同親権になればこっちのもんだ より:

    共同親権になれば今やってる調停も過去の調停での取り決めもまったく関係なくなります。
    同居親や子供が会いたくないと言ってもいつ子供に会いに行こうが自由です。
    現在の親権者とフィフティーフィフティーになるので同居親の意見は必要なく、子供を説得して連れて行って泊まらせても誰も文句は言えなくなります。
    同居親が拒もうが子供が拒もうが権利を持った親なんですから全て自由です。
    共同親権になれば会いたいだけ会えますよ。

  6. P より:

    はじめまして
    丁度時期がかぶってYouTubeで見てました
    僕も別居1年2か月調停を経て裁判所から
    なにか内容証明っぽいのが不在票で入ってました
    子供に会えないままこんなに時が過ぎてしまった

    僕の場合は嫁の父親が過干渉でこうなった感じです
    親子離れせず自立してない人間たちと家族になった
    自己責任ですね
    でもこんな悪魔みたいな人たちだと思わなかった

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      はじめまして。
      子供に会えないのはホント辛いですよね。

      『悪魔みたいな人たち』。。。その気持わかります。
      私も感じましたが、他者の痛みが分からない人たちなんだと思います。
      自分が傷つかない為に他者を傷つけてしまう。悪気はないのでしょうが、それが逆に怖いです。
      傷つける対象が子供にならないことを願うばかりです。

  7. 遠藤 より:

    初めましてこんばんは。嫁が子供連れて家を出ていって離婚調停を立てられています、遠藤といいます。 親権をなんとしてでも勝ち取りたいので、アドバイスをいただけるとうれしいです。

    • 父ちゃん 父ちゃん より:

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      連れ去られるのはホント辛いですよね。
      ただ、せっかく掲示板なので、掲示板にトピックを立ててもらった方が、他の方からのアドバイスももらいやすいので有効かと思います。もちろん私も1年半の調停や裁判の経験や、その間に弁護士相談をフル活用して得たことをアドバイスさせていただきます。
      親権や監護権に関する掲示板はこっちですので、『トピックを追加』ボタンを押して新しいトピックとして、同じような内容を書き込んでみてください。

      https://iikiki.com/community/shinken-kangoken/

      トピック作成-親権・監護権の掲示板

      お手数かけますが、よろしくお願いします。

      あと、お任せしますが名前は出さなくてもいいですよ(^_^;)。

タイトルとURLをコピーしました